MISTY-NET JavaScript講座 HOME / ご利用について / リンクに関して / 推奨環境 / 免責・規約 / お問合せ / リンク集 / Q&A
安心・高速・低価格!ホスティングサービスはミスティーネットへ!

JavaScript 入門編

JavaScript 活用編

ラブラブメールでツーショット

人気サイトランキング


   HOME >> JavaScript 活用編 >> 右クリックを禁止する
■ 右クリックを禁止する

通常、ブラウザー上で右クリックを行うとコンテキストメニューが表示され、ページのソースを見たり、ページ内の画像のダウンロードが行えます。 JavaScript では、この右クリックを禁止することが出来ます。
ページのソースを見られたくない場合などに使用すると良いでしょう。



サンプルスクリプト


右クリック禁止のサンプルです。
下記の禁止領域内では右クリックの機能が禁止され、コンテキストメニューが表示されません。
禁止領域の内と外で右クリックして試してみてください。


- - 右クリック禁止領域 - -
この領域での右クリックは禁止です。



スクリプトの説明

右クリックは 「oncontextmenu」 イベントハンドラで検出することが出来ます。
この返り値を false にすると、右クリックは無効となり、コンテキストメニューが表示されなくなります。

* InternetExplorer のみ有効。(Netscape も ver7 より有効)

ページ全体で右クリックを無効にしたい場合は 「BODYタグ」に指定すると良いでしょう。

[ oncontextmenu イベント ]
oncontextmenu="alert('右クリックは禁止です。');return false;"
ページのスクロールには、JavaScript で用意されているscrollTo 関数を使い、 スピードの調整にはタイマー機能を使ってコントロールしています。


<使用するイベントハンドラ>

oncontextmenu
右クリックを検出し、処理を行います。


<処理内容>

alert('右クリックは禁止です。'); ・・・・ 右クリックした際にエラーメッセージを表示します。

return false; ・・・・ 返り値に false を返して、右クリックのアクションを無効にします。





Copyright (C) since 2004 有限会社ミスティーネット All Rights Reserved .