MISTY-NET JavaScript講座 HOME / ご利用について / リンクに関して / 推奨環境 / 免責・規約 / お問合せ / リンク集 / Q&A
安心・高速・低価格!ホスティングサービスはミスティーネットへ!

JavaScript 入門編

JavaScript 活用編

   HOME >> JavaScript 入門編 >> JavaScript の記述方法
■ JavaScript の記述方法

JavaScript は HTML文書を組み合わせて記述することでHTML文書に動的な変化を与えることができます。
記述方法には、HTML文書内に直接記述する方法と、JavaScript を別ファイルとして用意しておき、 そのファイルを適用したいHTML文書に組み込む2種類の方法が利用できます。



実際の記述方法について

○ HTML文書に直接記述する方法
HTML文書内に記述する場合には、<SCRIPT> タグを使用します。
<SCRIPT> タグの language 属性で使用するスクリプト言語の種類を指定します。

   <SCRIPT language="JavaScript">

と記述します。これでブラウザが<SCRIPT> タグ内にかかれている文章が JavaScript のソースであると認識されます。
JavaScript の記述はHTML文書内のどの部分に挿入しても構いませんが、<HEAD>〜</HEAD> の間に記述すると ページを表示する前に読みこまれるため、ページが表示された時にスクリプト処理がスムーズに動作します。
もちろん、<BODY>〜</BODY> の間に記述しても構いません。
また、JavaScript 未対応ブラウザやブラウザ側でスクリプト機能を切っている場合には、 スクリプトソースがそのまま表示されてしまう為、スクリプト部分は <!-- と //--> で囲んでおきましょう。

[記述例]
<HTML>
<HEAD>
<TITLE>JavaScript</TITLE>
<SCRIPT language="JavaScript">
<!--
スクリプト部分
</SCRIPT">
//-->
</HEAD>
・・・


○ 外部JavaScript ファイルを読みこむ方法

JavaScript ではHTML内に記述する方法のほかに、スクリプトのみを記述した別ファイル(拡張子 *.js) を用意して、 それをHTML文書内に読みこむことが可能です。スクリプトを埋め込みたい部分に下記のように記述してください。

[記述例]
<SCRIPT LANGUAGE="JavaScript" SRC="sample.js" >

埋め込むスクリプトファイルは SRC属性で指定します。
複数のページで共通のスクリプトファイルを使用したい場合に便利です。




JavaScript 記述の際の注意点

○ スクリプト内での文字列の扱い

JavaScript で文字列を扱う場合、ダブルクォーテーション() またはシングルクォーテーション()で囲みます。 これらで囲まれた数値も文字として扱われます。
タグを埋め込む場合には、タグも文字列を同じように扱ってください。 書き出し先でタグが有効となります。
タグ自身をページに表示させたい場合には、「<」 は 「&lt;」、「>」 は 「&gt;」 と記述してください。


○ 命令の区切りについて

JavaScript では命令の区切りにセミコロン( ;) を使用します。
セミコロンで区切った場合、命令文ごとに改行を入れなくても、セミコロンで区切った部分までで一つの命令文とみなされます。

一つの命令文が長くなる場合には、途中で改行することもできますが、改行する場所はカンマ( ,)やセミコロン()の部分で改行を行なってください。 文の途中で改行を行なうとスクリプトエラーとなります。






Copyright (C) since 2004 有限会社ミスティーネット All Rights Reserved .